» 根だ間工法

for新築リフォーム 根だ間工法 根だ材の間に敷設する、45mm断熱材一体型パネルです。敷設範囲では根だ間に断熱材を入れる工事の必要がありません。二重床もOK!

根だ間工法のポイント 《在来工法の住宅向け》

  • 断熱材一体パネルなので敷設箇所の断熱工事がいらない。
  • 建築中に導入が決まっても床工事前であれば高さ変更なしで導入できる。
  • 将来、床板が傷んだ場合でも二重張りなら床板の交換だけでOK
  • 万が一パイプに穴があいた場合でも床板を剥がさなくても修理が可能
    ※2×4工法の場合は、303ピッチで根太を施工すれば工事可能です。

根だ間工法のポイント

施行前 写真

施行後 写真

ページタイトル

新築・リフォームをお考えの方へ お客様にぴったりの工法は?
ゆかだん屋の床暖房
3つの工法
施行実例

ページの先頭へ