» 新築・リフォームをお考えの方へ

床暖房を施工するタイミングは、いつが最適?!

 新築を計画してる時に床暖房を検討される方も多いはず。しかし、予算の関係で断念される方も多いのも事実です。

 床組の構造を知ることによって将来、床暖房が導入できるよう、構造を変更しておくことも賢い選択と言えます。

根太レス工法(A)

在来工法(推奨)

在来工法 《施工の適性》
平床工法 ○
床下施工 ○
根だ間工法 ○

《施工のタイミング》
新築時に必ず施工しなくても問題はありません。

・床下施工をしても部屋床面積の70%以上確保が可能です。

・寒冷地でも主暖房になります。

根太レス工法(A)

根太レス工法(A) 《施工の適性》
平床工法 ○
床下施工 ×

《施工のタイミング》
必ず新築時に施工。
(平床工法15mm)

・後から床暖房を導入する場合、フラットな床に段差ができる可能性があります。

・床下施工をしても部屋床面積の70%確保が難しいので、主暖房になりません。

根太レス工法(B)

根太レス工法(B) 《施工の適性》
平床工法 ○
床下施工 △

《施工のタイミング》
必ず新築時に施工。
(平床工法15mm)

・後から床暖房を導入する場合フラットな床に段差ができてしまう。

・床下施工をしても部屋床面積の70%確保がギリギリ難しいので寒冷地では、主暖房にならない場合があります。

比較表

  新築 リフォーム
根太レス工法 在来工法 床の解体有り 床の解体無し
根太間 × ×
平床
床下

床暖房とは?

新築・リフォームをお考えの方へ お客様にぴったりの工法は?
ゆかだん屋の床暖房
3つの工法
施行実例

ページの先頭へ