» 床暖房って必要?

床暖房のココが知りたい!

新築・リフォーム時に取り入れたい設備の上位に常にランクされています。
そのわけは、床暖房を使った方のアンケートで、「冷え性がやわらいだ」、「不快な風を感じなくなった」、「静かでクリーンな室内である」など、人気のヒミツが分かります。

ご利用者の声【床暖房が持つ利点・効能等について】

冷え性がやわらいだ、足元がスースーしなくなった、子供を安心して遊ばせられる 日本暖房協議会ホームページより
最近はオール電化の家庭でも温水式床暖が選ばれています。
電気フィルム式、温水式:オール電化対応ヒーポン、ボイラー灯油式、ボイラーガス式

床暖房には大きく分けて温水式のものと、電気式のものがあります。ここでは温水式のメリットについてご紹介します。

温水式の場合は暖房用温水を作る熱源機が1台あれば、広い面積や数多くの部屋に設置したり、使用頻度が高くても心配いりません。部屋を増やしたり、床暖房に限らず他の暖房を検討する際はやはり温水式がおすすめです。すなわち、効率良く快適なくらしが実現するというわけです。

温水式床暖房のシステム概要

温水床暖房は床暖房パネルに温水を通してパネルを暖め床材に熱を伝えて部屋の空気を暖める暖房設備です。
床暖房パネルの面積が多いほど床暖房が主役になり少ないと脇役になります。
床暖房だけで冬を乗り切るならば暖房する部屋面積の70%以上床暖房パネル敷設すれば可能ですが、それ以下の敷設の場合は他の暖房器が必要となります。
温水式床暖房

温水式床暖房のシステム構成

床暖房パネル 床暖パネル70%以上の敷設 → 主暖房になります。
床暖パネル70%未満の敷設 → 補助暖房が必要になります。
一度パネルを敷設すると次の床工事までは交換できません。
ヘッダー 熱源機のほかにBOXが設置されている場合はヘッダー専用BOXです。
各部屋に温水を配分して流すシステムです。必ず往用(いきよう)と戻り用(もどりよう)とセットになっています。室温を管理する場合は制御弁などがついています。
熱原機 床暖房の熱源機は3種類あります。
●ヒートポンプ(電気)…低温水〜中温水を作るのが得意な熱源機(35℃〜55℃)。24時間運転しても経済的でもっとも省エネな熱源機です。オール電化の普及に伴って、いま一番普及しています。
●灯油ボイラ…中温〜高温水を作るのが得意な熱源機(50℃〜70℃)。灯油価格が40円台の時に一番普及した熱源機です。
●ガスボイラ…高温の温水を作るのが得意な熱源機(55℃〜70℃)。タイマー運転で使用します。
※熱源機を交換する場合は、ヘッダーから熱源機の交換でOK基本パネルの交換は必要ありません。
ゆかだんやの床暖房の特徴紹介は以下のバナーから
ゆかだんやの床暖房

床暖房とは?

新築・リフォームをお考えの方へ お客様にぴったりの工法は?
ゆかだん屋の床暖房
3つの工法
施行実例

ページの先頭へ